絵本
エストニアの昔話

みっつのねがい

出版社からの内容紹介あらすじ

昔、なまけもので、けんかばかりしている夫婦がいました。ところがある日、突然、おじいさんが現れて言いました。「二人がもっと楽しく暮らせるよう、これから三日目に、三つの願いをかなえてやろう」。二人は大喜び、さっそく願いを考え始めます。でも、考えて考えて考えつかれた奥さんは、三日目につい、「ソーセージがあったら」と言ってしまいます。すると、大きなソーセージが! びっくりして笑っちゃう、楽しい昔話です。

絵本「みっつのねがい」の一コマ

絵本「みっつのねがい」の一コマ

出版社「福音館書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。