絵本

クリスマスのちいさなおくりもの

出版社からの内容紹介あらすじ

クリスマス・イブ。お母さんが病気で、その家ではクリスマスの用意が何もできていません。その家に住む、ねことねずみは、その様子を心配し、急いで準備をし始めます。靴下を下げて、ケーキを焼いて、もみの木を飾りつけて……。くものおばあさんも手伝って、次第に部屋は美しく飾られていきます。 アリスン・アトリー自身が子どものころ体験した、イギリスのよき暮らしを描いた心温まるおはなしです。

絵本「クリスマスのちいさなおくりもの」の一コマ

絵本「クリスマスのちいさなおくりもの」の一コマ

出版社「福音館書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。