絵本

だるまちゃんとてんじんちゃん

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日、だるまちゃんは釣竿とパンを持って魚釣りに出かけます。
池に到着するとさっそくパンを丸めて釣り餌にし、針に刺して投げ込みます。

しばらくすると浮きが動いて魚がかかります。だるまちゃんは力を込めて一生懸命に釣竿を引きますが、なかなか釣り上げることができません。

そこへ、たくさんの梅を抱えたあおてんじんちゃんが通りかかって、手伝ってくれることになりますが、二人掛かりでもなかなか魚は釣れません。

すると次は、薪を背負ったきいてんじんちゃんが通りかかって、一緒に竿を引いてくれますが、魚の引きが強くなかなか釣れません。

三人掛かりで釣竿を引いていると、牛を引いてたまたま通りかかったくろてんじんちゃんも一緒に手伝ってくれることになりました。
四人掛かりで一生懸命に竿を引っ張ると・・・、魚がちらっと水面から顔を出しますが、そのとき糸が切れてしまうのでした。

魚釣りが失敗したのは悲しいことですが、それでも四人は楽しそうな様子です。仲良くなったてんじんちゃん達を次はだるまちゃんが手伝うことにしたのです。

まずはあおてんじんちゃんの梅を一緒に洗って、次はきいてんじんちゃんの薪を積み上げ、最後はくろてんじんちゃんが養っている牛をあやします。

それから次はお米を炊いておにぎり作りが始まります。おにぎりが出来上がると次はてんじんちゃん達のお父さんとお母さんが働く畑まで運びます。

だるまちゃんと三人のてんじんちゃん達の交流を描いた微笑ましいお話です。それぞれが役割を持って、一生懸命に働くてんじんちゃん達の姿も素敵な絵本です。

出版社からの内容紹介

だるまちゃんが魚釣りをしていると、魚がかかりました。でも、なかなか引き上げられなくて困っていると、青天神ちゃん、黄天神ちゃん、黒天神ちゃんがやってきて手伝ってくれました。魚は逃してしまいましたが、お礼にだるまちゃんは天神ちゃんたちの手伝いをすることに。梅を洗ったり、薪をつみあげたり、牛の世話をしたり、一生懸命働きます。ご飯を炊いて、たくさんのおにぎりも作りました。4人は畑仕事をしている天神ちゃんのお父さんとお母さんにおにぎりを届け、みんなで食べます。そのおいしかったこと。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。