絵本

くもりのちはれ せんたくかあちゃん

この絵本の内容紹介あらすじ

かあちゃんは、洗濯するのが大好き。毎日毎日、洗濯を欠かしません。それは、曇りの日も同じでした。

「くもっているけど やっぱり せんたくしなくちゃね」

かあちゃんはこう言って、洗濯を始めたものの、今にも雨が降りそうです。これでは洗濯物が干せません。

そこで思いついたのが、雲の上に洗濯物を干すこと。さっそく、大凧を引っ張り出しました。

洗濯物は雲の上に!?

かあちゃんは子ども達と大凧を空に上げ、洗濯物を干していきました。

ところが、大凧が雲を突き抜けると、空の上のカミナリさん達はびっくり仰天。迫力満点のダルマが大凧に描かれていたからです。

それでも驚いたのは束の間。洗濯物が昇っていくのを眺めながら「おれたちも やってみたいなあー」と言い出すのでした。

カミナリさん達も洗濯される!?

さっそく、カミナリさん達は雲の上から降りてきて、かあちゃんのところに向かいました。

「あらってくれえ」
「ほしてくれえ」
「もっと たかく のぼってみたいぞ」

カミナリさん達がお願いすると、かあちゃんは張り切って洗濯を始めました。

そうして、あっという間に洗い終わると、カミナリさん達は大凧の紐に吊るされ、天高く昇っていきましたが……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

大凧の紐に洗濯物を干すなんて、予想外な展開だなぁ。
それにしても、空に昇っていったカミナリさん達はどうなったんだろうね?

アイコン画像

もっと予想外な展開かもよ。
クスッと笑っちゃうかも! 読んでからのお楽しみだね!

アイコン画像

うんうん。
せんたくかあちゃん」も一緒に読んでみると面白いかも。

出版社からの内容紹介

洗濯の大好きなかあちゃん。今日もたくさん洗濯をしたのですが、空はくもっています。そこでかあちゃんは大凧を揚げて、そこに洗濯物を次々と干していきます。延々と続く洗濯物の列は、やがて雲の上ににょきっと飛び出し、かみなりさんたちも大喜び。みんなで地上に降りてきて、「干してくれえ」とかあちゃんに頼みます。気持ちよく干されたかみなりさんとちですが、なんと乾きすぎてしまい、大変なことに。『せんたくかあちゃん』のパワーアップした2作目です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。