絵本

もっと かんがえるカエルくん

出版社からの内容紹介あらすじ

第3集の「もっとかんがえるカエルくん」は月刊「おおきなポケット」に掲載した「よる」と「ゆめ」にオリジナル作品をくわえたコマわり絵本として登場します。カエルくんはいつも考えています。「よるってどこからくるの」「ゆめってだれがつくるの」。そのような素朴な疑問をカエルくんとネズミくんが、ゆったりとたのしく、しかもじっくりと考えていきます。子どもも大人もたのしめる内容です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。