絵本

そらまめくんのベッド

この絵本の内容紹介あらすじ

そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のように柔らかいベッドです。そらまめくんは毎晩、このベッドで気持ちよく眠ります。

ある日、えだまめくんがやってきて、「ぼくも このベッドで ねむらせておくれよ」とお願いしました。ところが、えだまめくんは「だめ、だめ。これは ぼくの たからものだもの」と言って、少しも貸そうとしません。

すると今度はグリーンピースの兄弟がやってきて、「ぼくらも そのベッドで ねむってみたいなあ……」と言いました。ところが、えだまめくんは「だめ、だめ。そんなに おおぜいでは ベッドが こわれてしまうよ」と言って、少しも貸そうとしません。

さやえんどうさんやピーナッツくんもやってきますが、えだまめくんは誰にもベッドを貸そうとしませんでした。

そんなある日、そこにあるはずのベッドが突然無くなっていました。えだまめくんやグリーンピースの兄弟やさやえんどうさんやピーナッツくんに聞いてみますが、「しらない」とみんなは口々に言いました。ましてや、えだまめくんの慌てる姿を見て、「ぼくらに ベッドを かしてくれなかった ばつさ」と言い合いました。

それでも、えだまめくんが段々と可哀想に思えてくると、みんなは自分のベッドを貸してあげることにしました。ところが、小さすぎたり、細すぎたり、薄すぎたり、硬すぎたり、えだまめくんに合うベッドはありませんでした。

そうして、自分の宝物のベッドを見つけたい一心で、えだまめくんが何日も何日も探していると・・・。果たして、えだまめくんは宝物のベッドを見つけることができたのでしょうか。


友達の優しさを痛感したり、予想外のことに遭遇したりするうちに、そらまめくんの心境に変化が訪れます。

自分のものを誰かに貸してあげることや困っている友達を助けてあげること、これらの大切さが物語から伝わるはず。きっと、他人を思い遣る気持ちが育まれることでしょう。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。だからだれにも貸してあげません。ある日、そのだいじなベッドが突然無くなってしまったからさあ大変! そらまめくんは必死でベッドをさがしますが、どこにもありません。ところが、やっと見つけたベッドには、うずらがたまごを生んで温めていたのです。さて、そらまめくんは……。子どもたちに大人気の愉快なそらまめくんが大活躍する絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。