この絵本の内容紹介あらすじ

「ぷーん」

「ぷく ぷく ぷく ぷくん」

「ぷ ぷ ぷ ぷぷ ぷ」

「ど ど どぉーん」

カラフルな丸い点を散りばめ、オノマトペを添えた絵本です。まるで水の中で泡が吹き出すような、そんな場面を連想してしまいます。見る人によって印象が変わることでしょう。

何か意図するものがあるのかもしれないし、ないのかもしれません。いずれにせよ、直感的に楽しむのが醍醐味。穴あきの仕掛けも楽しいリズミカルな絵本です。