絵本

ごろごろ にゃーん

出版社からの内容紹介あらすじ

くじらのような、イルカのような大きな飛行機が海に浮かんでいます。大勢の猫たちがそれに乗り込み、「ごろごろにゃーん」と出発です。「ごろごろにゃーん」と、飛行機は飛んでいきます。魚を釣りながら「ごろごろにゃーん」。くじらにあっても「ごろごろにゃーん」。山を越え、街をながめ、飛行機はにぎやかに「ごろごろにゃーんごろごろにゃーん」と猫たちをのせて飛んでいきます。長新太の真骨頂! 斬新で愉快な絵本です。

絵本「ごろごろ にゃーん」の一コマ

出版社「福音館書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。