絵本

せんたくかあちゃん

この絵本の内容紹介あらすじ

かあちゃんは、洗濯するのが大好き。「きょうも いいてんきだねえ」と言って、家中のものを洗濯していました。

かあちゃんの手にかかれば、ズボンもチョッキも靴下もパンツも、あっという間にピカピカです。

そうして何でも洗濯してしまうと、洗い物がなくなってしまいました。「なにか あらうものを さがしといで」と子ども達に言うのでした。

これも洗濯物!?

子ども達は、そこら中を探し回り、一匹の猫を見つけました。ところが、その猫は洗濯されまいと、慌てて逃げ出しました。犬も危険を感じて逃げ出すと、あらゆるものが一斉に逃げ出しました。そんなとき……。

「とまれ!」

迫力たっぷりに声を上げるのは、かあちゃんです。みんなは心臓がドキッとして、魔法にかかったように立ち止まってしまいました。

かあちゃんは、みんなをタライに放り込むと、ゴシゴシ洗い始めるのでした。

カミナリ様の到来

かあちゃんは洗濯を終えると、庭の木から木へ物干し縄を張り巡らせました。それでも足りず、森の木々にも縄を張っていきました。

そうして今度は、大量の洗濯物を干し始め、猫も犬も子ども達もみんな一緒に干してしまうのでした。

「すげえ すげえ。へそが いっぱい ほしてあるぞ」

そう興奮するのはカミナリ様。よだれを飲み込みながら、全速力で雲を運転し、洗濯物に迫ってきました。

カミナリ様に顔を描く!?

カミナリ様は雷雨を巻き起こし、洗濯物目掛けて降りてきました。

ところが、物干し縄に引っ掛かって、身動きが取れなくなってしまうのでした。

「なんてえとこだい。まるで くものすやしきだね。こう なわが おおくちゃ かみなりだって ひっかかるぜ」

カミナリ様は好物のおへそを取りに来たはずが、かあちゃんに見つかって洗濯されることに——。首根っこを掴まれると、タライの中に放り込まれてしまいました。

「やれやれ、ほんとに きたない かみなりだったね。あれ、まあ!」

かあちゃんは、洗い終わったカミナリ様を見てびっくり。しわだらけになって、目も鼻も口も無くなっていたのです。

そこで、しわを伸ばして乾かすと、今度は子ども達にカミナリ様の顔を描かせ……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

続きが気になるね!
カミナリ様の顔はどんな顔になるんだろう?

アイコン画像

それは見てからのお楽しみ!

と言いつつ、ちょっとだけ話すと、カミナリ様の顔はとってもチャーミングになるんだよね! しかも、この一件はさらに大騒動に発展するんだ!

アイコン画像

ええ!?
ますます気になってきた!

アイコン画像

くもりのちはれ せんたくかあちゃん」も一緒に読んでみてね!

出版社からの内容紹介

洗濯が大好きなかあちゃんが洗濯板で、家中のもの全てを洗ってしまいます。子どもたち、猫や犬、靴や傘の物までも、みんな洗濯して干されています。干された子どものへそを狙って雷さまが落ちてくると、かあちゃんは雷さままで洗濯! ゴシゴシ洗ったので、雷さまの顔からは、目も鼻も口もきれいさっぱり。でも大丈夫、かあちゃんに新しい顔を描いてもらい大満足で、空に帰っていきました。しかしその翌日、さらにびっくりすることが……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。