絵本

ゆらゆらばしのうえで

出版社からの内容紹介あらすじ

激しい雨にいためつけられた橋は1本の丸太だけになっていた。1匹のうさぎがその丸太の橋にかけこんできたが、後を追いかけたきつねも丸太にとびのった。丸太が大きくはずみ、土手からはずれ、2匹が動くたびにシーソーのように揺れるのだ。やがて夜になって、丸太のうえで2匹ができるのは、ただ話すことだけだった。超人気絵本作家のコンビによる待望の傑作です。斬新な絵画手法、変形の版型、鮮やかな色彩……お楽しみに!

絵本「ゆらゆらばしのうえで」の一コマ

出版社「福音館書店」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。