絵本

ぐりとぐらのかいすいよく

この絵本の内容紹介あらすじ

野ねずみのぐりとぐらが浜辺で遊んでいると——、沖から葡萄酒の瓶が流れてきました。けれども、その瓶の中身は葡萄酒ではないようでした。ぐりとぐらは中身を確かめようと、コルクの栓を引っ張りました。

ところが、開けようにも栓が固くて開きません。ぐらは、先の尖った貝殻を見つけ、それを栓にねじ込みました。そうして上手い具合に栓が開くと、さっそく中身を取り出しました。

瓶の中に入っていたのは、手紙と地図と浮き輪です。手紙にはこう書かれていました。

「しんせつな ともだちへ しんじゅとうだいへ きてください。うみぼうずより」

ぐりとぐらは手紙を読み終えると、さっそく真珠灯台を目指すことに——。瓶に入っていた浮き輪をつけて、地図を頼りに向かいました。

海坊主の困りごと

ぐりとぐらが波に揺られていると、海の中から男が現れました。この男こそが海坊主です。

海坊主は二匹を引っ張って泳ぎ、あっという間に真珠灯台まで連れていきました。そして、困っていることを話し始めました。

「ここが しんじゅ・とうだい。しんじゅのランプを みがくのが、おいらの しごと —— だけど、おいら、しんじゅを このあなへ おとしちゃったんだ」

ぐりとぐらは事情を知ると、さっそく小さな岩穴へ入っていき、無事に真珠を持ち帰りました。すると、海坊主は大喜びし、何かお礼をしたいと言うのでした。

「およぐのを みせて」

そう言って、ぐりとぐらがお願いすると、海坊主は海の中へ飛び込み、犬かきをして見せたり、クラゲ泳ぎをして見せたり、あらゆる泳ぎを披露しました。

海坊主の華麗な泳ぎを見ているうちに、ぐりとぐらは同じように泳いでみたいと思いました。

そんなとき、海坊主に誘われ、海に飛び込んでみると……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

ぐりとぐらの歌が可愛かったなぁ。

うみは はじめて ぐりと ぐら
なみに ゆられて
だいぼうけん
あわてちゃ だめだめ ぐりと ぐら
のんびり いこう
どこまでも

出典:ぐりとぐら/福音館書店

アイコン画像

ついつい口ずさみたくなるようなリズムだよね!

アイコン画像

うんうん。
それに、海坊主の泳ぎも大迫力だったね!

出版社からの内容紹介

ぐりとぐらが浜辺で遊んでいると、沖から葡萄酒の空き瓶が流れてきました。栓を開けてみると、中には「しんじゅとうだいへきてください」という、うみぼうずからの手紙が入っていました。ぐりとぐらが、浮き袋をつけてうみぼうずの島までたどりつくと、うみぼうずは灯台の真珠のランプを穴に落としてこまっていました。ぐりとぐらは穴に入って真珠をもちかえりました。うみぼうずはお礼に、いろいろな泳ぎ方を教えてくれるのでした。

出版社「福音館書店」より