絵本

やっぱりおおかみ

この絵本の内容紹介あらすじ

オオカミは絶滅したと思われていましたが、本当は一匹だけ生き残っていました。子どものオオカミです。

「どこかに だれか いないかな」

そのオオカミは、いつも独りぼっち。来る日も来る日も仲間を探してうろついていました。

オオカミに仲間は出来ない!?

ある日、オオカミはウサギの住む町にやってきました。

ところが、誰も彼もオオカミを避けました。

「なかまが ほしいな でも うさぎなんか ごめんだ」

ウサギ達の冷ややかな態度に、オオカミは「け」と含みのあるセリフを吐き、別の町へ移ることにしました。

けれども、どの町でも仲間を見つけることは出来ませんでした。ヤギの住む町、ブタの住む町、シカの住む町……どこに行ってもオオカミを相手にする者は誰もいなかったのです。

「おれに にたこは いないかな」

今度は自分に似た生き物を探しましたが……それすらも見つけることは出来ませんでした。

「やっぱり おれは おおかみだもんな おおかみとして いきるしかないよ」

オオカミは「け」という含みのあるセリフを吐き、そう思うことにしました。

そのオオカミの様子は、仲間探しを諦めたようにも、何かを決意したようにも見えるのでした……。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

なんだかオオカミが可哀想に思えてきたよ……。
でも、最後は仲間がきっと出来るよね?

アイコン画像

そうだねー、オオカミに仲間は出来ないんだよね。
でも、捉え方次第なんだけど、可哀想とも言い切れないのがこの絵本の面白いところかな。
最後のオオカミの心の落とし所が、不覚にも納得しちゃうかも。潔いというか何というか。

アイコン画像

うんうん。
この絵本は少なくとも「友だち100人できるかな」の考えとは相反するものかもね!

アイコン画像

そうなんだよね!
この絵本が描くのは「白か黒か」「善か悪か」「0か100か」みたいなこととは違うんだよね。
みんなにとっては正解じゃないかもだけど、自分の中では「とりあえず」正解にする——そんな中間解みたいなのが魅力なのかも!

出版社からの内容紹介

ひとりぼっちのおおかみが「け」という、ふくみのあるセリフをつぶやきながら仲間をさがして町をさまよっています。「おれににたこはいないかな」うさぎ、やぎ、ぶた、しか……。いろいろな動物がたくさんいますが、どこへいってもおおかみは満足することができません。仲間に入りたいようで、入りたくないのです。とうとうおばけがたくさんいる墓場までやってきたおおかみですが、はたして仲間をみつけることができるのでしょうか?

出版社「福音館書店」より