絵本

ふたつのいちご

クリスマスの三つのおくりもの

この絵本の内容紹介あらすじ

外は寒いクリスマスの日、胸の中からじんわり暖かくなれます。

おかあさんがクリスマスケーキを作ってくれたのだけど、いちごが3つだけ。もうどこにも売ってなかったんですって。

「れいちゃんと、もっくんと、かすみちゃんの分はあるからいいでしょう?」でも、かすみちゃんはおとうさんとおかあさんの分も欲しかったんです。
「わたし、とってくる。前にあったとこしってるから」と言って、かすみちゃんは森にでかけます。

でも、もうそこにはなくって・・・。
がっかりして森の中を探していると、うさぎさんが木の穴からにんじんやはっぱを出していました。
うさぎさんの冷蔵庫だったんですね。そして、真っ赤ないちごがころころころっと、うさぎさんのカゴからこぼれました。

「あ、あんなにたくさん、いちご!」
胸が詰まってくるのが、この後のかすみちゃんの行動なんです。

欲しいけど、これでみんなの分のいちごになるけど、これはうさぎさんのいちご。
かすみちゃんは横取りなどせず、うさぎさんがいちごを落とさないで持っていけるようにハンカチを貸してあげるのです。

そして、かすみちゃんがうさぎさんのおうちまで行ってみると・・・。

林明子さんのお描きになる子供の笑顔って、ほんとうに、ほっぺがぴかぴかしていてかわいらしいのですよね。
最後には、その笑顔があふれるお話になっています。

この作品は、「クリスマスの3つのおくりもの」という3冊セット、縦横10センチほどのミニブックです。
ちょっとどこかへでかけて、子どもを待たせるような時に便利です。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

かすみちゃんは、クリスマスのケーキに飾るいちごを探しに行って、うさぎの家を見つけました。うさぎの家でもうさぎのお母さんがケーキを作っていて……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。