絵本

あめふり

この絵本の内容紹介あらすじ

雨が降り続くある日のこと。
ばばばあちゃんと子犬と子猫は、窓から外を眺めながら気が滅入っていました。

「ちょっと ちょっと、くものうえの あめふらしさん。ときどき やすんじゃ くれないかね」

ばばばあちゃんは空に向かって話しかけますが、雨は一向に止みません。それどころか、雨脚は強くなるばかりです。

雲の中から「やあーだよ。やなこった」と声が聞こえると、今度はバケツの水をひっくり返したような雨が降ってきました。さらには、雷までも響かせました。

さすがのばばばあちゃんも、これには怒ってしまいます。あることを思いつくと、さっそく行動に移しました。

ばばばあちゃんの作戦開始!

突然、ばばばあちゃんは薪を運び込んでストーブに火を着けました。さらには、家中の不要な物を運び込み、暖炉でも火を燃やし始めました。

ばばばあちゃんが火を焚く間も、雨脚は強くなる一方。滝のような雨が降り、川から水が溢れ出ます。

「わあい、ばあちゃん ばあちゃん どうしよう。にわじゅうが かわになっちゃった」

激しい雨に、子犬と子猫は大慌て。それとは反対に、ばばばあちゃんは落ち着きを払って火を焚き続けました。

カミナリ達に反撃!?

「そうかい そうかい。もう だいじょうぶ」

ばばばあちゃんはそう言って、ストーブと暖炉の火の中に胡椒をどっさり振りかけました。それから、唐辛子の束も放り込みました。

すると、ばばばあちゃんの家の煙突から、辛い煙がもくもく上がり、空一面に広がりました。

「うわーい、めがいたいよ! くしゃみがでるよ! ハックショーン! クショーン!」

雲の上では、あっちでっもこっちでもカミナリ達がくしゃみをし始め、雲達までも大きなくしゃみをし始めて……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

雨が降り続くと誰でも嫌になっちゃうよね。
カミナリ達を懲らしめたくもなるよ。

アイコン画像

うんうん。
それに、ばばばあちゃんの思いついた方法はとっても愉快!

アイコン画像

ばばばあちゃんのお話は、いつもダイナミックな展開で面白いよね!

ところで、カミナリ達はどうなっちゃんだろう……。

出版社からの内容紹介

毎日雨が降り続くのに怒ったばばばあちゃんは、暖炉やストーブに薪を沢山くべて、こしょうやとうがらしを入りのからいからい煙を作ります。空では、かみなりたちがたまらず「ハックショーン」。あんまり大きなくしゃみをしたので、雲がちぎれて、かみなりも雲も地上の泥水に落ちてしまいました。空はすっかり青空に。ばばばあちゃんは大喜びですが、かみなりたちはしばらくばばばあちゃんのうちに泊まって、雲の洗濯に大忙しです。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。