絵本

もじゃもじゃ

この絵本の内容紹介あらすじ

「もじゃ もじゃは なあに?」
「おにわの き」
「うちの ころ」
「ほどけた けいと」
「もっと もっと すごいの ルルちゃんの あたま」

絵本の前半ではもじゃもじゃの物が次から次へと登場し、後半ではそのもじゃもじゃの物が綺麗に整えられていきます。

枝葉を広げたもじゃもじゃの木は植木屋さんがスッキリと剪定。犬のもじゃもじゃの体毛はスッキリとトリミングされます。そして、ほどけた毛糸はスッキリと巻かれます。ルルちゃんのもじゃもじゃの頭髪はどうなるのでしょう。

貼り絵の表現がもじゃもじゃ感を上手に演出します。また、この絵本のテンポの良さがお話への興味を惹きつけます。

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

もじゃもじゃなのは、庭の木と犬のころとほどけた毛糸、それにルルちゃんの頭。さあどうしたらいいのかな……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。