絵本

ぐりとぐらのおきゃくさま

この絵本の内容紹介あらすじ

ある冬のこと。
野ねずみのぐりとぐらが、森で雪合戦をして遊んでいると——、大きな足跡を発見しました。

その足跡は、キツネのものでもクマのものでもなさそうです。二匹は不思議に思って、さっそく足跡を辿ってみることにしました。

ぐりとぐらは、森を抜けて、原っぱを通って、林のほうへと歩いていきました。すると、林の入り口に一軒の家がありました。

「なんだか みたことのある ばしょだね」

それもそのはず、辿り着いたのは、ぐりとぐらの家だったのです。驚いたことに、足跡は玄関へと続いていました。

謎の訪問者

ドアを開けると、玄関には大きな長靴がありました。壁には真っ赤なオーバーコートと真っ白なマフラー、さらには真っ赤な帽子が掛けられていました。

暖炉の前には手袋と靴下までも干してあり、部屋の隅には大きな袋も置いてあったのです。

「おきゃくさまは、いったい どこだろう」

ぐりとぐらは首を傾げながら、寝室やお風呂を見て回りました。けれども、お客さんの姿はどこにもありません。

そんなとき、突然と美味しそうな匂いが台所から漂ってきました。二匹は息を深く吸い込み、焼き菓子の匂いに食欲をそそられるのでした。

正体はサンタクロース!?

「だけど、おかしいな」

ぐりとぐらの疑問は深まるばかり。お客さんの正体を確かめようと台所へ急ぎました。

すると、目の前に赤いズボンを履いた白いヒゲのおじいさんが一人、焼き立てのケーキを持って立っていました。

「クリスマス おめでとう」

おじいさんはそう言うと、慌ただしく身支度を始めました。靴下を履いて、マフラーを巻いて、オーバーコートを着て、帽子を被って、手袋をはめて、最後に大きな袋を肩に担ぐと、その姿は……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

謎のお客さんは、サンタクロースだよね!

アイコン画像

そうそう!
なんだか心和むようなクリスマスのお話だね!

アイコン画像

それにしてもサンタクロースがケーキを焼いてくれるなんて羨ましいよ。一体、どんな味がしたんだろう。

出版社からの内容紹介

森で雪合戦をしていたぐりとぐらは、雪の上に大きな足跡を見つけました。足跡は森をぬけ、原っぱを通り、ぐりとぐらの家まで続いていました。ドアを開けると玄関には大きな長靴、壁には真っ赤なオーバーと白いマフラー、そして赤い帽子がかかっています。いったいだれ?そのときいい匂いがしてきたので、台所にいってみると、そこにはまっ白なひげのおじいさんが焼きたてのケーキを作って、待っていました。ぐりとぐらのクリスマスの絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。