絵本

そらいろのたね

この絵本の内容紹介あらすじ

ゆうじ君が模型飛行機で遊んでいると、森のキツネがやってきました。

「やあ! いいひこうきだなあ! ゆうじくん、ぼくに、そのひこうきを ちょうだい」

キツネがそう言いますが、この飛行機はゆうじ君の宝物。簡単に譲れるものではありません。

諦めの悪いキツネは、それでもゆうじ君の飛行機が羨ましくてたまりません。

「それじゃあ、ぼくの たからものと、とりかえて」

キツネはそう言うと、ポケットから『にじいろのたね』を取り出しました。そして、交渉成立です。ふたりは、飛行機と種を交換しました。

さっそく、ゆうじ君は家に帰って、庭の真ん中に種を埋めました。それから水をたっぷりと与えました。

次の日の早朝、ゆうじ君が庭に埋めた種を確認しに行くと、そこには空色の家が建っています。なんと、種から咲いたのは空色の家だったのです。

その後もゆうじ君は空色の家に水を与え続けます。そして、その家は段々と大きくなりました。

最初はヒヨコにぴったりの家になり、猫も入れる家になり、さらには豚も入れる家になって・・・。空色の家が成長していくと、ゆうじ君の友達やウサギやリスやゾウまでも続々とやってきました。

気づけば、お城のような立派な家が出来上がりました。「ぼくも いれて!」「わたしも いれて!」と、町中の子ども達や森中の動物達がやってきます。

ところが、最後にキツネがやってくると、飛行機を返す代わりに空色の家を返すようにと言ってきたのです。

「おーい、このうちは ぼくのだからね。だまって はいらないでよー。みんな でていっておくれー」と、キツネが大声で怒鳴り始めました。

そして、空色の家から子ども達や動物達を追い出すと、家中の窓や扉を閉めきってしまうのですが・・・。意地悪なキツネに、最後は天罰が下ります。

出版社からの内容紹介

ゆうじが模型飛行機を飛ばしていると、きつねがやってきて「そらいろのたね」と模型飛行機を交換することになりました。そらいろのたねを植えて水をやると、なんと空色の家が生えてきたではありませんか! 空色の家はみるみるうちに大きくなり、たくさんの動物や鳥や子どもたちの楽しい遊び場になります。しかし再びやってきたきつねが、みんなを追い出して空色の家を独り占めしてしまいます。きつねが家にはいると、空色の家はさらに大きくなって……。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。