絵本

ぐるんぱのようちえん

この絵本の内容紹介あらすじ

象のぐるんぱは、いつも独りぼっちで暮らしてきたので、みすぼらしい姿をしていました。とても汚くて、嫌な臭いがするのです。

ある日、象達の会議が始まると、ぐるんぱのことが話し合われました。象達にとって、ぐるんぱは悩みの種だったのです。

最初に口を開くのは年寄りの象です。
「ぐるんぱは おおきくなったのに いつも ぶらぶらしている」

今度は若い象が口を開きます。
「それに、ときどき めそめそなくよ」

そうしてぐるんぱのことが話し合われると、満場一致で会議がまとまりました。ぐるんぱを働きに出すことに決めたのです。

そうと決まると、象達はぐるんぱを川まで連れて行き、タワシでゴシゴシ洗いました。それから鼻のシャワーで水を掛けました。

すると、ぐるんぱは見違えるほど立派な象に大変身。気分爽快で働きに出掛けました。

ぐるんぱが働くのは、びーさんが営むビスケット屋です。ぐるんぱは張り切って、一個一万円の特大ビスケットを焼き上げます。ところが、そのビスケットはあまりに大きくて、あまりに高いので、買い手が誰もいません。びーさんは「もう けっこう」と言って、呆れてしまいました。

ぐるんぱはビスケット屋を出て行くことになり、今度は皿職人のさーさんのもとで働くことになりますが・・・。

靴屋やピアノ工場や自動車工場と、ぐるんぱは職を転々としながらも一生懸命に働きます。ところが、行く先々で大き過ぎる物を作ってしまい、そのたびに「もう けっこう」と追い出されてしまいます。ぐるんぱが最後に行き着くのは、一体どこなのでしょうか。

出版社からの内容紹介

ぐるんぱは、ひとりぼっちの大きなぞうです。ビスケットやさん、靴屋さん、ピアノ工場、自動車工場……。ぐるんぱは、色々な仕事場で一生懸命に働きますが、つくるものが大きすぎて失敗ばかり。そんなときぐるんぱは、子どもがたくさんいるお母さんに出会います。子どもたちの世話をたのまれたぐるんぱは、とても素敵なものを作ります。それはぐるんぱが作った大きなものでたくさんの子どもたちが遊べる、すてきな幼稚園でした。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。