この絵本の内容紹介あらすじ

「あまい あまい かぶになれ。おおきな おおきな かぶになれ」

お爺さんはそう言って、カブを植えました。するとお爺さんの言葉のとおり、甘くて元気なとてつもなく大きなカブが出来ました。お爺さんはカブを抜こうと、「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけながら引っ張ります。ところがカブは抜けません。

そこでお爺さんは、お婆さんを呼んできました。お爺さんがカブを引っ張って、お婆さんがお爺さんを引っ張って、そうして「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけながら引っ張ります。ところが、それでもカブは抜けません。

今度は、お婆さんが孫を呼んできました。お爺さんがカブをを引っ張って、お婆さんがお爺さんを引っ張って、孫がお婆さんを引っ張って、そうして「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけながら引っ張ります。それでも、まだまだカブは抜けません。

そこで今度は、孫が犬を呼んできました。ところがそれでも抜けず、さらには犬が猫を呼んできました。そうして、お爺さんとお婆さんと孫と犬と猫が力を合わせて、「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけながら引っ張りました。ところが、そこまでしてもカブは抜けません。

さらには、猫がネズミを呼んできて、「うんとこしょ どっこいしょ」と掛け声をかけながら引っ張ると・・・。


一人で駄目なら二人、二人で駄目なら三人、三人で駄目なら・・・、そうやってみんなで協力することの大切さや楽しさが伝わります。「うんとこしょ どっこいしょ」の言葉が繰り返されるうちに、読み手の声に思わず力が入るはず。その力の入った声と「うんとこしょ どっこいしょ」の語感が相まって、この絵本の面白さが引き出されます。

出版社からの内容紹介

おじいさんが植えたかぶが、甘くて元気のよいとてつもなく大きなかぶになりました。おじいさんは、「うんとこしょどっこいしょ」とかけ声をかけてかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おじいさんはおばあさんを呼んできて一緒にかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おばあさんは孫を呼び、孫は犬を呼び、犬は猫を呼んできますが、それでもかぶは抜けません。とうとう猫はねずみを呼んできますが……。力強いロシアの昔話が絵本になりました。

出版社「福音館書店」より