絵本

うさこちゃんとどうぶつえん

この絵本の内容紹介あらすじ

ある日、お父さんに連れられて、うさこちゃんは動物園に行きました。

うさこちゃんとお父さんは、汽車に乗って動物園へと出掛けます。1時間ほど汽車に揺られると、ようやく動物園に到着です。

動物園では、「こんちは うさこちゃん!」とオウム達が元気な挨拶で出迎えます。それから、うさこちゃんは初めてシマウマを見たり、赤ちゃんを抱えたカンガルーを見たり、大きなゾウや木の枝にぶら下がったサルを見たり。たくさんの動物を見て回ります。

ところが、首のとっても長いキリンを見ると、うさこちゃんは少し怖くなってしまいました。


うさこちゃんの細かな表情は描かれていませんが、喜んでいる笑顔や得意げな表情などが自然と垣間見えてくるから不思議です。

出版社からの内容紹介

しまうま、かんがるー、ぞう、きりん……めずらしい動物を見たあとで、うさこちゃんは大きいかめにのりました。

出版社「福音館書店」より