この絵本の内容紹介あらすじ

春の早朝、森の奥でニホンザルが赤ちゃんを生みました。この季節、サルの群れに次々と新たな生命が誕生します。

ニホンザルの一日は、食べ物を探すことから。朝起きると、群れを成して移動します。

ところが今朝は違いました。群れのサル達は、のんびりして動き出そうとしません。

それは、赤ちゃんを生んだばかりのメスを気遣ってのこと。群れのサル達は、仲間を思いやり、協力しあって暮らしています。


大きなヤマザクラの木の上にサル達が。柔らかくて、みずみずしい葉や草、ほんのり甘い花は、サル達にとって春のごちそうなのです。

「ギャッ ギャッ ギャッ!」

群れのサル達は、お腹が一杯になって、思い思いにくつろいでいたのですが……。1頭のサルが突然と警戒の声を出すと、群れのサル達は一斉に集まりました。

「ゴッ ゴッ ゴッ ゴッ!!」

そして今度は一斉に威嚇の声を出し始めました。群れのサル達は、頭の毛を逆立てて、とても興奮して威嚇します。

このようにしてサル達が威嚇しているのは、体長15cmほどのモモンガ。何故かサル達は、空を飛ぶモモンガが大嫌いなのです。


夏になると、サル達のモコモコの長い冬毛は抜けて、夏毛になります。冬毛は頭の頂点から抜けていくのです。

群れのサル達にとって、毛づくろいは絆を深めるために大切なこと。大人のサル達は、日陰で昼寝したり、毛づくろいをして、のんびりと過ごします。

一方その頃、子どものサル達は何をしているのでしょうか。

メスは赤ちゃんに興味津々で、お母さんの目を盗んで、こっそり赤ちゃんを抱っこしていました。でも、お母さんのように上手に抱っこ出来ません。

オスはオス同士で追いかけっこをしたり、取っ組み合いをしたり、木に登ったりと激しく遊びます。喧嘩になって負けそうなときは、お母さんに助けを求めることもあります。


ニホンザルのオスは4歳くらいになると、群れとは別に数頭で行動したり、群れに戻ったりを繰り返すようになります。これらの行動は群れを離れる練習なのです。

このように練習を繰り返し、やがて自信がつくと、オスのサルは群れを出ていき、1頭で暮らすハナレザルになります。

一方、メスのサル達は群れを出ていくことはありません。オスとメスは違う生き方をするのです。


この絵本にはニホンザルの生態が写真とともに綴られています。春・夏・秋・冬と変化していく季節とともに、穏やかな暮らしも厳しい暮らしも余すことなくニホンザルの暮らしに迫っていきます。

また、巻末にはニホンザルに関するQ&A(ニホンザルのこと、もっと知りたい!)付き。

ニホンザルのこと、もっと知りたい!
Q1.ニホンザルは、どんな国・地域にすんでいるの?
Q2.ニホンザルは、どうして顔やおしりが赤いの?
Q3.ニホンザルのオスとメスにちがいはあるの?
Q4.ニホンザルの体のひみつを教えて!
Q5.ニホンザルは、一日をどんなふうにすごしているの?
Q6.ニホンザルの子どもは、いつからおとなの仲間入り?
Q7.ニホンザルの群れにルールはあるの?
Q8.ニホンザルと人との関係は?

出版社からの内容紹介

世界でも、日本でしか見られないニホンザル。彼らが森で生きていくためには、なにが必要なのでしょう? 群れの一年を追いながら、仲間とのかかわり、群れの絆を紹介する写真絵本です。ニホンザルの生態や群れのルール、体の特徴についても詳しく解説しました。

この本の特長
世界では日本でしか見られないニホンザルが登場します(日本固有種)。
ニホンザルは群れを作って暮らしています。群れでは、なかまを思いやり、たよったりたよられたりしながら、生きていくために必要なことを学びます。
ニホンザルの一年の暮らしを追いながら、群れの仲間たちと、どのようにかかわり、関係を築いているのか? ニホンザルの知られざるコミュニケーション術に迫ります。
ニホンザルの分布や観察できる場所の紹介、顔やお尻が赤い理由、オスとメスの違い、群れのルールなどについては、Q & A形式でより詳しく、ていねいに解説します。
森の豊かさやニホンザルの生活を守るために、どんなことを知っておかなくてはいけないのかを考える第一歩となります。

命のつながりシリーズ
日本の山や海、森や川で暮らす野生生物の姿を通して、多様な環境やほかの生き物との関わりを学ぶことができる写真絵本。野生動物たちの生き様を、長期取材によって撮影された貴重な生態写真を多数、使って紹介します。小学校3年生の道徳で学習する「命のつながり」を補足、発展させるための教材としても活用できます。

出版社「文一総合出版」より