この絵本の内容紹介あらすじ

青い世界と言われる海。そこには色とりどりの生き物達が暮らしています。

中でも南のサンゴ礁で暮らす生き物達は、種類も多く鮮やかです。と言っても、東京や大阪などの近くの海にも鮮やかな魚がたくさんいます。

どうしてこのような色や模様になったのでしょう。

色や模様が親子で違う魚

成長過程で色や模様が変化する魚もたくさんいます。親と子で全然違う魚に見えますが、それは縄張りを守るためだと考えられています。

同じ種類の魚は、食べるエサが同じです。そして、同じエサを同じ場所で確保するのは困難です。

縄張りの中でエサを確保するためには、同じ種類の魚を縄張りから追い出す必要があるのです。

幼魚の色や模様が成魚と違うのは、縄張り争いで同種の成魚に攻撃されないようにするためです。

警告色で脅す魚

モンガラカワハギは、サンゴ礁の中でも目立つ魚。黄色の口や背中の網目状の斑紋が特徴的で、強力な歯を持っています。

この魚は海底に産卵する場所を作り、卵が孵るまでその場を離れません。卵を保護中に他の魚が近づくと、襲いかかって追い払います。

モンガラカワハギに一度でも襲われた魚は、この派手な色や模様を忘れることはないのでしょう。

同じ仲間の色と模様

魚の特徴的な色や模様は外敵から身を守るためという場合が多い一方、仲間とのコミュニケーションのためという場合もあります。

日本で見られるチョウチョウウオは約50種類も存在します。そして、同じ種を見つけるためには模様が必要です。生き物にとって、色や模様はコミュニケーション手段の一つでもあるのです。


この絵本に登場する海の生き物は80種類以上。陸上では決して見かけることのないような鮮やかな色や不思議な模様の生き物達が盛り沢山です。これらの生き物達の生態が、写真とともに綴られています。

巻末では、本編の内容をさらに深掘りし、海の生き物達の生態を解説します。

出版社からの内容紹介

派手な目立つ色や地味で目立たない色、しましま模様に目玉模様、透明な生き物、成長すると色が変わったり、オスとメスで違っていたり、キラキラ光って見えにくい魚。どうして海の生き物は色とりどりなったの? 80種以上の海の生き物たちと一緒に、色と模様の不思議を体感しながら学べる写真絵本。

この本の特長
派手な目立つ色や地味で目立たない色、しましま模様に目玉模様、透明な生き物、成長すると色が変わったり、オスとメスで違っていたり、キラキラ光って見えにくい魚など、色とりどりな海の生き物が80種以上、登場します。
水深によって色の見え方が異なる理由、親と子で色や模様が変わる理由、派手な色やしましま模様、透明な生き物に隠された生存戦略など、読み進める中で生じる疑問には、「解説」ページでよりていねいに答えています。親子で一緒に読み進めることで、海の生き物たちの色について、より一層、理解が深まる構成になっています。
巻末には、この本の中に登場する海の生き物たちの種名索引をつけました。

『どうしてそうなった!? 海の生き物』シリーズ
生命の源「海」の多様な世界が体感できる写真絵本(全3巻)。「色」「形」「暮らし」というテーマごとに、海に暮らす魚類や哺乳類、クラゲ、貝類、甲殻類、イカやタコ、刺胞動物、棘皮動物など、多種多様な生き物を取り上げました。
シリーズ3巻には、「どうしてそうなった!?」と、思わず“ツッコミ"を入れたくなってしまう、不思議で面白い海の生き物がたくさん登場します。
海に暮らすさまざまな生き物たちの、色や模様、形、暮らしの多様性、さらに彼らを支える雄大な海の生態系について知ることができます。
潜水歴40年の著者の20万点以上の海洋写真から選りすぐったカットを掲載。これまでの児童書にはない斬新なデザインが目を引く写真絵本です。

出版社「文一総合出版」より