この絵本の内容紹介あらすじ

こん虫の世界に入りこんだ子どもたち。からだのどこかがながーい虫たちと出会います。ちょっとかわったすがたでかくれたり、泳いだり、ジャンプしたり……。おもしろい形には、じつはそれぞれ役割があったのです。子どもたちといっしょに探検しながら、こん虫のからだのひみつにせまってみませんか? 読んだらきっと、こん虫の進化が気になってくるはずです。

この本の特長
体と足がながーい独特な形が人気のナナフシをスタートに、体のどこかがながーい11種の虫が登場。ながーい体をどのように役立てているのか、イラストとやさしい文章で紹介します。
道ばたや公園など、身近な場所でも観察することができる、11種類のながーい虫が登場します。
ナナフシの体がながー理由は、物語を通して学ぶことができます。
巻末に収録した「こん虫のかたち いろいろ」では、本のなかに登場する虫を、本当の大きさで掲載しました。特徴的な体の形を紹介します。また、「こん虫のからだ」では、こん虫のからだのつくりを詳しく説明します。口や目、はね、あたま、からだごとに、イラストを交えて、さまざまな形と役割をわかりやすく紹介しました。本書を読んだお子さんの疑問に答えるときの参考になります。

「はっけん!どこでも だいしぜん」シリーズ
幼児絵本や教科書などで目にする機会の多い身近な生き物を導入に、不思議で驚きに満ちた自然や生き物の暮らしを紹介するシリーズ。気づきがあれば(はっけん!)、身近な場所でも(どこでも)、広く深く自然を感じることができます(だいしぜん)。

絵本「ナナフシのからだ どうしてながいの?」の一コマ

出版社「文一総合出版」より