この絵本の内容紹介あらすじ

ふーっと吹くとタンポポの綿毛が宙を舞います。

ふわりと広がる綿毛は、風に乗って飛んでいきます。綿毛の下に付いた茶色の種も風に乗って一緒に飛んでいきます。

そして、やがて地面に落ちると、種から根っこが伸び、芽が出てきます。

このような特徴を持つタンポポの種ですが、どうして風に乗って飛んでいくのでしょうか?

それは、いろいろな所で芽を出すため。道端や公園や野原など、様々な場所で根を張り、どんどん仲間を増やしていくのです。

不思議な特徴を持つ種はタンポポ以外にも!?

風に乗せて種を運ぶのは、タンポポだけではありません。

トゲ状の葉っぱが特徴的なアザミ、リスの尻尾のような花穂が特徴的なチガヤも綿毛を風に乗せて種を飛ばすのです。

また、ケヤキは葉っぱの付け根に種を付け、秋になると枯れ葉を風に乗せて種を飛ばします。

イロハモミジの実は、プロペラのような羽を持っており、その実の中に種が入っています。そして、そのプロペラのような羽を風に乗せて種を飛ばします。

風ではなく、自分の力で種を飛ばす植物も存在します。

それは、春に小さな花を咲かせるタネツケバナ。細長いサヤの中には小さな種がびっしり詰まっており、種が熟すとサヤがクルクルと巻き上がります。そして、その勢いで弾くように種を撒き散らすのです。


この絵本に登場する植物は21種類。そのどれもが種を遠くへ運ぶための仕掛けを持っています。

風や雨や波といった自然を利用する植物、アリやリスや鳥といった生き物を利用する植物など、不思議や驚きの詰まった植物の世界が描かれています。

また、巻末に収録された「たねってなあに?」では、多様な種の形や植物の生長過程、種と実の生物学的な違いなど、本編の内容を深堀りし、イラストを交えて植物の世界を紹介します。

出版社からの内容紹介

タンポポのたね、モミジのたね、どうやって飛ぶのかな? どこに飛んでいくのかな? 飛んでいったらどうなるのかな? 根をはって動かない植物は、たねに旅するためのしかけと栄養をいっぱいつめこんだようです。たねを遠くに運ぶためのいろいろな方法をやさしい絵と文で紹介します。

この本の特長
誰もが知っているタンポポの綿毛をスタートに、多様な綿毛の世界、いろいろなタネの飛ばし方、雨や風や動物や鳥に手伝ってもらって、より遠くへタネを運んでもらうという、さまざまな種子散布の方法を紹介します。
道ばたや公園など、身近な場所でも観察することができる、21種類の植物が登場します。
タネを運ぶためのしくみや、実際にタネが飛ぶ様子を絵で表現しました。この本を読んだあと、道ばたや植え込みに生える植物は、子どもたちにとって、興味深くおもしろい生き物になっているでしょう。
なぜタネを遠くへ飛ばすのか?は、物語を通して学ぶことができます。
巻末に収録した「たねってなあに?」では、いろいろなタネの形や、タネから発芽し生長する様子、タネと実の生物学的な違い、わたしたちが食べる果実について、本書の内容をより深く掘り下げて、イラストも交えて紹介しました。本書を読んだお子さんの疑問に答えるときの参考になります。

「はっけん!どこでも だいしぜん」シリーズ
幼児絵本や教科書などで目にする機会の多い身近な生き物を導入に、不思議で驚きに満ちた自然や生き物の暮らしを紹介するシリーズ。気づきがあれば(はっけん!)、身近な場所でも(どこでも)、広く深く自然を感じることができます(だいしぜん)。

出版社「文一総合出版」より