条件検索

リアルタイムで更新!ベストセラー絵本を見る

人気の絵本シリーズ

絵本

津波!! 命を救った稲むらの火

絵本「津波!! 命を救った稲むらの火」の表紙

この絵本について

江戸時代の実話をもとにした、とっさの機転で津波から村人を救ったおじいさんのお話。

原作小泉 八雲
文・絵高村 忠範
出版社汐文社
出版日2005.04.01
ページ数25ページ
対象年齢5歳 / 6歳 / 7歳以上
ジャンル日本の昔話・民話

ISBN:978-4-81-137891-6

この絵本の内容紹介あらすじ

江戸時代のお話。広村という小さな村に五兵衛というおじいさんが住んでいました。五兵衛さんの家は海を見下ろす小さな高台の端に建っていました。

ある秋の夕方、五兵衛さんは微かに地面が揺れるのに気づきました。長い、のろい、ふんわりとした地震でしたので、村の人たちは何事もなかったかのように過ごしています。五兵衛さんがなんとなく海を見ると、波が沖のほうへ退いていき、海の底が現れました。

五兵衛さんは自分のおじいさんから子どもの頃に聞いた話を思い出します。五兵衛さんはたいまつに火を着けると、田んぼにある稲むらに火を着けはじめました。

とても大切な、米の付いた稲むらです。山寺の小僧が火に気づき早鐘を鳴らしました。この音を聞いて高台の火に気づいた村人たちは、慌てて高台に上ってきました。しかし、集まった村人たちは、何が起こったのかわかりませんでした。

そのとき、巨大な津波がやってきて、村は瞬く間に消えてなくなってしまいました。それを知らせるために稲に火をつけたのだと気づいた人々は、五兵衛さんの前にひざまずき、深々と頭を下げました。

この物語は実話を基にして描かれたお話です。昔から伝わる津波の恐ろしさと、津波が起きたときにはどうすればよいのかがわかる絵本です。

出版社からの内容紹介

それは、人をおどろかすような地震ではなかった。だが、海を見た五兵衛はあることを思い出し、急いで稲むらに火をつけてまわった…。防災教育が注目されている現在に、ぜひ読んでもらいたい絵本です。

出版社「汐文社」より
災害・防災について考えさせられる絵本特集

災害・防災について考えさせられる絵本特集

絵本のまとめ記事
絵本「くんてきさん」の表紙

くんてきさん

薫的神社薫的神社
対象年齢:5歳 〜 大人
絵本「はなさかじいさん」の表紙

はなさかじいさん

石崎 洋司講談社
対象年齢:5歳 〜 7歳以上
絵本「ももたろう」の表紙

ももたろう

松居 直福音館書店
対象年齢:5歳 〜 7歳以上
絵本「いっすんぼうし」の表紙

いっすんぼうし

いしい ももこ福音館書店
対象年齢:4歳 〜 6歳以上
絵本「やまなしもぎ」の表紙

やまなしもぎ

平野 直福音館書店
対象年齢:4歳 〜 6歳以上
絵本「かえるをのんだ ととさん」の表紙

かえるをのんだ ととさん

日野 十成福音館書店
対象年齢:3歳 〜 5歳以上
絵本「十二支のはじまり」の表紙

十二支のはじまり

岩崎 京子教育画劇
対象年齢:3歳 〜 7歳以上
絵本「ひなまつりにおひなさまをかざるわけ」の表紙

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

瀬尾 七重教育画劇
対象年齢:3歳 〜 6歳以上
絵本「それからのおにがしま」の表紙

それからのおにがしま

川崎 洋岩崎書店
対象年齢:3歳 〜 5歳以上
絵本「つるのおんがえし」の表紙

つるのおんがえし

松谷 みよ子偕成社
対象年齢:5歳 〜 7歳以上
絵本「一休さん」の表紙

一休さん

卯月 泰子小学館
対象年齢:5歳 〜 7歳以上
絵本「こぶとりじいさん」の表紙

こぶとりじいさん

佐々木 昇永岡書店
対象年齢:4歳 〜 6歳以上