絵本

100にんのサンタクロース

この絵本の内容紹介あらすじ

サンタクロースの住む町には、サンタクロースが100人。個性豊かなサンタ達がクリスマスに備えて協力しながら暮らしています。

春はプレゼントの数を数えたり、プレゼントを配る家の地図を作ったり。

夏はクリスマスツリーを育てたり、野菜や果物を作ったり。

秋は雪降らしや星空作りの練習をしたり。

そうして冬が近づくと、クリスマスの準備も大詰めです。サンタ達は新しい服を作って、お気に入りの服に着替えます。

クリスマスは大忙し

クリスマス間近になるとサンタ達は一段と忙しくなります。それはプレゼントの準備をしなければならないからです。たくさんのオモチャを運んだり、包装したり、みんなで力を合わせて作業に取り掛かります。

そして、とうとうクリスマス当日を迎えると、サンタ達はプレゼントをソリに積み込み、いよいよ出発。どんなところへもプレゼントを届けて回ります。

そうしてプレゼントを配り終えると……。

ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

プレゼントを配り終えたらどうなるの?

アイコン画像

大仕事を終えたら、楽しみが必要だよね!
サンタ達にも楽しいクリスマスが待ってるよ♪

アイコン画像

うんうん。
ちなみに、巻末には100人のサンタクロースが一人ずつ名前付きで描かれてるんだよね♪

出版社からの内容紹介

プレゼントをくばるだけじゃ終らない!
クリスマスはサンタさんにとっても特別な日。なぜかって?それはプレゼントを配り終わったあと,ヒミツの楽しみがあるから!――あるところに,100人のサンタクロースが住むまちがありました。サンタさんは100人みんなで協力してクリスマスの準備をします。そして,みんなにプレゼントを配り終わったあとは…?

出版社「文溪堂」より