出版社からの内容紹介あらすじ

「論語」を、美しいイラストと一緒に味わう、”国語の絵本”です。

いま教育現場では、わが国の言語文化に触れて、感性・情緒をはぐくむことが重要視されています。
「絵といっしょに読む国語の絵本」シリーズでは、時代をこえて受け継がれてきた 「俳句・俳諧」「和歌・短歌」「詩」「漢詩・漢文」「古典」を取り上げました。リズムを感じながら、音読や暗唱を繰り返すなかで、子どもたちは豊かな感性をはぐくんでいきます。そして、その手助けとなるのが、情景を思い浮かべやすい、すてきなイラスト。本書には、数々の論語の一節を掲載しています。絵を見て、解説文で理解を深めながら、論語を楽しく音読・暗唱しましょう。

出版社「くもん出版」より