絵本

シオドアとものいうきのこ

えらくなりすぎた ねずみのはなし

この絵本の内容紹介あらすじ

古いカシの木の切り株に、4匹の仲間達が暮らしていました。トカゲとカエルとカメと、それからシオドアという名前のねずみです。

——ある日、仲間達は自慢話を始めました。

「ぼくの しっぽは きれたって すぐ はえかわるんだ」とトカゲが言えば、「ぼく みずに もぐれるよ」とカエルが言い、「ぼくは はこに なれる」とカメは言いました。

けれども、シオドアには自慢するほどの特技がありませんでした。逃げ回るくらいしか出来なかったのです。そんなシオドアを仲間達は馬鹿にするように大笑いしました。

不思議なキノコとの遭遇

シオドアは、とても臆病なねずみです。ある日は、木の葉がひらひら落ちてくると、フクロウだと勘違いして慌てて逃げ出しました。

そうして逃げ隠れたのは、大きなキノコの影。真っ青な珍しいキノコでした。その影に長いこと隠れるうちに、シオドアは段々と眠気に襲われました。

そんなとき、妙な音が突然と聞こえ、シオドアは跳び上がりました。
「クィルプ!」という音が、どこからともなく聞こえてきたのです。

けれども、まわりを見渡してもキノコがあるだけ。他には何も見当たりませんでした。夢でも見たのかと考え、シオドアはキノコの涼しい影に戻っていきました。

ところが、シオドアが眠り込みそうになっていると、また妙な音が聞こえてきました。なんと、その音の正体はキノコだったのです。

「きみ くちがきけるの?」

シオドアはそう尋ねますが、キノコは何も答えませんでした。
「クィルプ!」という不思議な音を立てるだけで、話すわけではなかったのです。

シオドアの嘘

そんなとき——突然、シオドアはキノコを見ながら閃きました。仲間達のところに戻ると、秘密を打ち明けるかのように語るのでした。

「だいじな はなしがある。さっき ぼくは ものいうきのこを みつけた。せかいに ただひとつしか ないんだ。それは しんりの きのこで,ぼくは そのことばが わかるように なった」

シオドアは話し終えると、さっそく仲間達を案内し、キノコの音を聞かせました。

けれども、仲間達の誰も意味を理解できせんでした。それこそがシオドアの狙いだったのです。知ったかぶりをして、このように説明しました。

「すべての どうぶつの なかで ねずみが いちばん えらいって いみさ」

嘘の結末

それからというもの、シオドアはすっかり偉くなりました。仲間達の作った冠を被って、動物達に讃えられながら暮らしていました。

もう怖がる必要もなければ、逃げ回る必要もありませんでした。

そんなある日、シオドアは仲間達とともに旅に出ました。ヒースの野原を抜け、森の端まで進み、越えたことのない丘まで辿り着きました。

ところが、その丘の頂上まで登ると、驚く光景が広がっていました。丘の下の谷間には、何百もの青いキノコが群生していたのです。しかも「クィルプ!」の大合唱を響かせていました。

——世界に一つしかないはずの青いキノコ。
その群生を発見した仲間達は……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

嘘をつくと最後に大惨事が待ってるんだね。
シオドアが嘘をついてしまった理由も理解できるけど、やっぱり嘘は良くなかったね。

アイコン画像

うんうん
けど、騙される方も良くなかったのかもよ。

誰かを見下すような考えがあったから、シオドアの口車に乗せられたんじゃないかな。

アイコン画像

「長いものには巻かれろ」みたいな損得勘定で動いてしまったから、シオドアが偉いと思い込んでしまったのかもね。

ところで、嘘がバレたシオドアはどうなっちゃたんだろう?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみだね!

本当の友情が何なのかを考えさせられると思うよ。

出版社からの内容紹介

みんなに自慢できることがなくて悩んでいた臆病ねずみのシオドア。ある日不思議なきのこを見つけて…

出版社「好学社」より