絵本

マシューのゆめ

この絵本の内容紹介あらすじ

ホコリだらけの屋根裏部屋に、ねずみの夫婦が住んでいました。その夫婦には一人息子もいて、名前はマシューといいました。

マシューは、屋根裏部屋の片隅で、ガラクタに埋もれて暮らしていました。新聞や壊れたランプや哀れな人形……あらゆるものが積み重なっていたのです。

——ねずみ一家はとても貧乏でしたが、マシューに大きな望みをかけていました。大きくなったら、医者にでもなってほしいと願っていたのです。

けれども、マシューは少し違う考えを持っていました。何になりたいかを尋ねられると、こう答えるのでした。

「わかんない…… ぼく せかいって いうものを みたいんだ」

初めての美術館

ある日のこと。マシューは、社会科見学で初めて美術館へ行くことになりました。そして、美術館に展示された絵画を見て、驚きを隠せませんでした。

将軍みたいな服を着たねずみ、美味しそうなチーズ、風に揺れる木の枝……。
——美術館は、まるで世界を凝縮したような空間。マシューにはそう感じられたのです。

気づけば、マシューは夢中になって絵画を見て回りました。そして、一匹の可愛いねずみと偶然の出会いがありました。名前はニコレッタといいました。

マシューの夢は画家

美術館に行った日の晩、マシューは不思議な夢を見ました。ニコレッタと手をつなぎながら、絵の中の世界を歩いていたのです。それは幻想的で、これまでに感じたことのないほど幸せなものでした。

けれども、ハッと目が覚めると、現実に引き戻されました。目の前にはガラクタの山があるだけ……。見慣れたはずの光景を見ながら、マシューは目に涙を浮かべました。

ところが、魔法のような不思議な出来事が起こりました。目の前の光景が、突然と違うものに見え始めたのです。ガラクタの山は鮮やかに色づき始め、輪郭が滑らかな曲線へと変化していきました。

こうして、マシューは何かを閃くと、両親のところへ駆けて行き……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

感受性をくすぐるような物語だね。

アイコン画像

うんうん。
なんだか美術館に行きたくなったよ!

アイコン画像

もちろん現実も大事だけど、想像の世界も大切にしたくなるよね。

今回の絵本は絵画をテーマに描いているけど、音楽をテーマにした「おんがくねずみ ジェラルディン」も合わせて読むとさらに面白いかも!

出版社からの内容紹介

生まれて初めて美術館へ行ったマシューは、その夜不思議な夢を見て、画家になることを決心します。

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。