この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみのアレクサンダは嫌われ者。

人間達は、アレクサンダを見つけるたびに、悲鳴を上げたり追いかけたりしたのです。

「たすけて! たすけて! ねずみよ!」

パンくずを少しだけ取ろうと台所に行けば、大騒ぎが起きることもありました。

ぜんまいねずみ:ウィリーとの出会い

ある日、家は留守だというのにアニーの部屋から音がしました。

アレクサンダは、その音の正体を確かめようと考えました。

そうして部屋に忍び込むと、そこにはもう一匹のねずみがいたのです。

ところが、そのねずみは普通のねずみではありません。足の代わりに二つの車が付いて、背中にはネジまで付いています。

アレクサンダが出会ったのは、ぜんまいねずみのウィリーでした。

「だいどころへ いって,パンくずを さがそうよ。」

アレクサンダは友達が出来て嬉しくなって、ウィリーを誘いました。

それなのに、「ぼく だめなんだ。」とウィリーは言います。ぜんまいねずみなので、ねじを巻かなければ動くことができなかったのです。

それでも、みんなに可愛がられて不幸ではありませんでした。

ウィリーが羨ましい

アレクサンダは、ウィリーのことがすっかり好きになりました。人間達の隙を見ては、ウィリーを訪ね、お互いの知らない話で盛り上がりました。

ところが、アレクサンダは暗い隠れ家で独りぼっちになると、ウィリーを羨ましく感じました。

同じねずみなのに、ウィリーだけ人間達に可愛がられていたからです。ぜんまいねずみになりたいとすら思うのでした。

魔法のトカゲ

「にわの こいしの こみちの はじの,きいちごの しげみの ちかくに,いきものを ほかの いきものに かえることの できる,まほうの とかげが すんでるそうだよ。」

ある日、ウィリーは秘密めかしたように不思議な話をしました。

すると、その日の午後になって、アレクサンダはそのトカゲを探しに出かけるのでした。

「とかげよ とかげ,」

茂みの近くでアレクサンダがささやくと、突然目の前に、花のような蝶のような色鮮やかなトカゲが姿を現しました。

そして、もし満月の夜に紫色の小石を持ってくるなら、願いを叶えると言うのでした。

アレクサンダが願ったこととは?

魔法のトカゲに会ってからというもの、アレクサンダは来る日も来る日も庭で紫色の小石を探しました。

それでも、紫色の小石は見つかりませんでした。見つけたのは青や緑の小石ばかり。

とうとう疲れ果てると、アレクサンダは家に帰っていきました。

ところが、思わぬ出来事が起きていました。ウィリーが物置の隅で箱に詰められていたのです。

アニーは誕生日会でたくさんのプレゼントを貰い、古いおもちゃは捨てられることになったのでした。

「ぼくらは みんな ごみばこゆきさ。」

ウィリーから悲しい話を聞いて、アレクサンダが涙を堪えていたとき、偶然にも箱の近くで何かを見つけました。あれほど探していた紫色の小石が落ちていたのです。

ちょうどその日は満月の夜。アレクサンダは紫色の小石を抱えて、魔法のトカゲのもとに走り出し……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

ウィリーはどうなっちゃうんだろうね。
それに、アレクサンダはぜんまいねずみになっちゃうのかな。

アイコン画像

そうだね~。このまま悲しいお話だと嫌だよね。
少しだけ話すと、アレクサンダが願うのは「ぜんまいねずみになること」ではないんだよね。

アイコン画像

アレクサンダが「自分も好かれたい」という願いを諦めたということは、もしかして……。

アイコン画像

おっと、お話の続きは読んでからのお楽しみ!
というわけで今回は、絵本「アレクサンダとぜんまいねずみ」のご紹介でした!

アイコン画像

自由だけれどみんなの嫌われ者アレクサンダ。不自由だけれどみんなの人気者ウィリー。この二匹のねずみの対照的な姿は、哲学的な面白さも感じさせるね。

出版社からの内容紹介

ねずみのアレクサンダは人間に大切にされているぜんまいねずみをうらやましく思っていました。でもある日ぜんまいねずみが捨てられることに…

出版社「好学社」より