絵本

フレデリック

ちょっと かわった のねずみの はなし

この絵本の内容紹介あらすじ

牧場に沿って、古い石垣が積まれています。五匹の野ねずみ達は、その石垣の中で暮らしていました。

ところが、百姓が引っ越してしまったので、食料の貯えがありません。冬も間近に迫り、食料を集めなけれなばなりませんでした。

そこで、野ねずみ達はトウモロコシと木の実と小麦と藁を集め始めました。昼も夜も一生懸命に働きました。

それなのに、フレデリックだけは違います。他の仲間達がせっせと働く間、別のことをしていたのです。

フレデリックは言い訳ばかりで怠け者?

「フレデリック, どうして きみは はたらかないの?」

野ねずみ達はトウモロコシを運びながら、日向ぼっこをするフレデリックに尋ねました。

すると、これでも働いているとフレデリックは言いました。寒くて暗い冬に備えて、陽の光を集めていると言うのです。

「こんどは なに してるんだい, フレデリック?」

野ねずみ達は木の実を運びながら、牧場をジッと見つめるフレデリックに尋ねました。今度は、灰色の冬に備えて、色を集めているのだと答えました。

「ゆめでも みてるのかい, フレデリック。」

野ねずみ達は小麦と藁を運びながら、フレデリックに少し腹を立てていました。みんなが一生懸命働いているというのに、今にも眠りそうな虚ろな目をしていたからです。

ところが、フレデリックは眠っているわけではありません。長い冬に備えて、話が尽きないように言葉を集めていると言うのでした。

冬の到来

とうとう雪が降り出すと、野ねずみ達は冬ごもりを始めました。準備の甲斐あって、石垣の中は暖かく、食料も豊富です。

お喋りな野ねずみ達は、馬鹿なキツネの話をしたり、間抜けな猫の話をしたりして、楽しく過ごしていました。

ところが、日が経つにつれ、貯めていた食料は減っていき、暖を取るための藁は底を突いてしまいました。石垣の中は凍えるほど寒く、お喋りする気にもなれません。

そんなとき、野ねずみ達が思い出したのは、フレデリックの集めていたもの。光や色や言葉です。

フレデリックの真意

「きみが あつめた ものは, いったい どう なったんだい, フレデリック。」

そう尋ねられたフレデリックは「めを つぶって ごらん。」と言いました。そして、「きみたちに おひさまを あげよう。」と話し始め……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

フレデリックは怠け者かと思ったよ。実はそうではなかったんだね。

アイコン画像

そこがこの絵本の一番大事なことかも!
お話自体も読み応えがあるけど、何か深いメッセージが伝わってくるよね。

アイコン画像

うんうん。
無価値と思われることの中にも、本当は価値あることが埋もれてるんだろうな。

アイコン画像

みんな一緒に働くことも大切だけど、違う方法で役に立つのも大切なんだね。

いやー、次の展開が気になるね。どうなるんだろう?

アイコン画像

それは読んでみてのお楽しみ!
というわけで今回は、絵本「フレデリック」のご紹介でした!

出版社からの内容紹介

仲間たちが冬に備えて食べ物を貯えているのに、フレデリックだけは何もせず、ぼんやりしていました。やがて寒い冬が来て…

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。