絵本

さるじぞう 山形県の昔話

出版社からの内容紹介あらすじ

「さるのおしりはぬらしても、じぞうのしりはぬらすなよ」
大好きなお餅をたらふく食べて眠ってしまったおじいさん。それをお地蔵様とまちがえたおさるたち、川向こうのお堂へおまつりしようと、はやしうたをうたいながらおじいさんをかかえて川を渡っていき・・・。
山形の言葉で語られる、ゆかいな昔ばなし絵本。

絵本「さるじぞう 山形県の昔話」の一コマ

絵本「さるじぞう 山形県の昔話」の一コマ2

出版社「あすなろ書房」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。