絵本

あるヘラジカの物語

出版社からの内容紹介あらすじ

星野道夫が遺した1枚の写真から生まれた物語。

アラスカのデナリの山のふもとで、1頭のオスのヘラジカがたくさんのメスと暮らしていた。
ある日、この群れによそ者の1頭のオスが近づいてきた。
メスたちを自分のものにしようと思っているのだ。
群れをひきいるオスは、よそ者に向かっていった。

オスどうしの激しい戦いが始まった。
2頭は、何度も体当たりをし、角をぶつけあった。
オスのヘラジカは体重が800キロもある。
ぶつかったら車だってひっくりかえる。

戦いは、長い時間続いた。

ガキ!
大きな角と角がぶつかってからまった。そしてはずれなくなった。
2頭は戦い続けるしかない……。

多くの野生動物の姿を写真におさめた星野道夫は、1996年、事故によって世を去りました。 同じ動物好きとして、星野道夫と親交のあった鈴木まもるはある夜、星野の遺した2頭のヘラジカのふしぎな写真を夢に見て「絵本を創ろう」とひらめき、アラスカに飛びました。そしてできあがったのが、この絵本です。

大自然で暮らす動物たちの壮絶なドラマと、生命のつながりを描いた絵本。

絵本「あるヘラジカの物語」の一コマ

絵本「あるヘラジカの物語」の一コマ2

絵本「あるヘラジカの物語」の一コマ3

絵本「あるヘラジカの物語」の一コマ4

絵本「あるヘラジカの物語」の一コマ5

出版社「あすなろ書房」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。