出版社からの内容紹介あらすじ

小さい人にも大きい人にも、それぞれの心にしみる名作絵本です。

ネコのしろさんは、一人できままに暮らしておりました。そこにある日、ちびねこがやってきます。しろさんはちびねこに、かしこいネコのすることを教えます。
なにげないネコの日常を描いた、小さなお話。

少ない文字、少ない線で語られるのは、実はとても深いこと。
どんなに小さな存在にも、大切な使命がある……。
忘れかけていた「ありがとう」の気持ちを思い出させてくれる絵本です。

出版社「あすなろ書房」より