絵本

野の花えほん 秋と冬の花

この絵本の内容紹介あらすじ

「ひるがお」や「つゆくさ」、「すすき」や「ひがんばな」など、秋から冬にかけて自生する、全部で30種類もの草花が登場します。

それぞれの草花の種類や特徴、名前の由来や遊び方、料理の仕方まで詳細に描かれており、絵本という枠を越えて、図鑑や料理本としても楽しめます。

草花の名前の由来:朝露が降りる朝に咲くことから「つゆくさ」と呼ばれる。秋のお彼岸のころ咲くことから「ひがんばな」と呼ばれる。など。

草花の料理:「みぞそば」の葉を使った天ぷらや和え物の作り方。「よなめご飯」の作り方。など。

草花を使った遊び:染物。「ひるがお」の風船遊び。花時計の花壇作り。など。


普段何気なく通っている道にもたくさんの草花が生えています。「このお花、絵本にもあった!」「この草は食べられるの?」といったように、何気ない散歩道にもたくさんの発見が溢れているのです。

誰でも馴染みのある草花だけでなく、よく見かけるのにあまり知られていない脇役のような草花たちも、この絵本ではみんな主役。散歩道や公園、河川敷などを彩る草花たちに興味が湧きます。そして、その草花への興味は、何気ない日常にも彩りを与えてくれるかもしれません。

出版社からの内容紹介

好評既刊『野の花えほん(1)春と夏の花』に続く秋・冬編。ヒガン花、マツヨイ草、リンドウ、ススキ・・・秋・冬に咲く野草の名前の由来や、野の花遊びを紹介する絵事典。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。