絵本

チョコだるま

この絵本の内容紹介あらすじ

僕はチョコだるま。チョコレートの雪だるまです。

丸々とした体は、ミルクのように甘いホワイトチョコレート。

目と鼻と口と手は、ほんのり苦いブラックチョコレート。

お腹には、マーブルチョコのボタンも付いています。

そして、僕を作ってくれたのは、お菓子職人のマルタさん。いつも作っているチョコレートとは違って、大きな僕を作るのは一苦労だったそう。

お客さんとホットチョコレート

マルタさんのお店では、特製のホットチョコレートが飲めます。それを目当てにお客さんがやってくるのです。

木枯らしが吹く寒い日は、一組のカップルがやってきて、幸せそうにホットチョコレートを飲みました。

雪がしんしんと降る日は、喧嘩した親子がやってきて、ホットチョコレートを飲みながら仲直りしました。

いつも来るおじいちゃんは、嵐の日もやってきて、ホットチョコレートを飲みながら思い出を浮かべました。

マルタさんとの別れ

ある日、お金持ちがやってきて、僕は買われることになりました。箱に入れられると、さっそく車に載せられました。

「もう、マルタさんに会えないの?」
「もう、お客さんに話をきけないの?」
「もう、まどから子どもたちがあそぶのをみられないの?」

そう思うと、僕は悲しくなって涙が止まりません。それでも、お金持ちの家に向かって車は進み続けました。

お誕生日プレゼント

僕が買われた理由は、子どもの誕生日プレゼントにするためです。

金持ちの家に着くと、僕は箱に入れられたまま、暗い部屋に置かれました。何も見えない、何も聞こえない、その真っ暗な部屋で、僕はまた涙が溢れてきました。

そうして長い時間を過ごしていると、今度はドアが開く音がして、僕はどこかへ担がれていきました。

「おたんじょうびおめでとう!」

突然、声が聞こえて箱が開くと、目の前には子どもがいました。ところが、僕の顔を見て「こんなきたないのいらいない!」と泣いてしまい……。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

どうして子どもは泣いてしまったんだろう?
「汚い」って何があったんだろう?

アイコン画像

ちょっとだけ話すと、チョコだるまの顔が涙で溶けてたからだよ。そして、マルタさんのお店に突き返されることになっちゃうんだ。

アイコン画像

ええ!?
そのあとはどうなっちゃうの?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!
それにしてもホットチョコレート飲みたくなるね!

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

ぼくはチョコだるま。チョコレートでできた雪だるまだから、そうよばれている。特製のホットチョコレートがおいしいマルタさんのお店の人気者。でもある日、となり町のお金持ちがやってきて、ぼくを買いたいといった……。

出版社「ほるぷ出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。