絵本

ねずみくんはめいたんてい

出版社からの内容紹介あらすじ

今回は、ねずみくんが“名探偵”になって大活躍!

名探偵のねずみくん。ある日、りんごがなくなったことに気づきます。
「じけんだ! あしあとを つけずに、りんごが とれるのは…」
鼻の長いぞうさん? 木登り上手なさるさん?
調べていくと、意外なはんにん像が明かされて……。
だれがとったのかな? と、読んでいる間も盛り上がること間違いなしの、楽しいお話です。

★本作は、上野紀子先生が過去に描かれたねずみくんの絵を、なかえよしを先生がパソコン上で組み合わせ、加筆・修正を経て新しい絵に仕上げるという、特別な方法で制作されました。

出版社「ポプラ社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。