絵本

ちっちゃな ねずみくん

出版社からの内容紹介あらすじ

ぞうさんが石につまずいて、「おっとっとっと」。
転んだはずみで、ねずみくんのしっぽを踏んでしまいました。
「ぼくがちいさくて目立たないからいけなかったんだ」としょんぼりしてしまいます。
そこへ、プードルやパンダ、くじゃくなど、目立つどうぶつがたくさんやってきます。
「いいなあ」とうらやましく思うねずみくんですが―。
本当に大切なのは、かわいいこと? こせいてきなこと? おおきいこと?
ねずみくんが目に見えないけど大切なことを教えてくれる1冊です。

絵本「ちっちゃな ねずみくん」の一コマ

絵本「ちっちゃな ねずみくん」の一コマ2

出版社「ポプラ社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。