絵本

りんごがたべたいねずみくん

この絵本の内容紹介あらすじ

あるところにリンゴの木が一本。

そこに鳥が飛んできて、リンゴを一つ取りました。

「ぼくにも つばさが あったらなあ」

ねずみ君はそう思いますが、飛ぶことは出来ません。リンゴを取りたくても叶わないのです。


今度はサルがやってきて、木に登ってリンゴを一つ取りました。

「ぼくも きのぼり できたらなあ」

ねずみ君は木登りも出来ず、リンゴを取ることは出来ません。


ゾウがやってくると、長い鼻を伸ばしてリンゴを一つ取りました。キリンがやってくると、長い首を活かしてリンゴを一つ取りました。

「ぼくも はなが ながかったらなあ」
「ぼくも くびが ながかったらなあ」

ねずみ君は他の動物達が羨ましくて仕方がありません。あれこれと試行錯誤しますが、他の動物達のようにリンゴを取ることは出来ません。

そんなとき、アシカがやってきて……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

アシカも空を飛んだり、木登りしたり出来ないよね。鼻も長くないし、首も長くないし……。

アイコン画像

そうなんだよね。アシカも出来ないことばかりなんだ。
けど、ねずみ君と協力したら出来ることがあるかも!

出版社からの内容紹介

木になった赤いリンゴ。でも、ねずみくんには木が高すぎてとれません。トリくん、とんできて1つとり、サルくん、のぼって1つとり・・・。

出版社「ポプラ社」より