この絵本の内容紹介あらすじ

郵便屋さんのコウモリが慌てて動物達のもとにやって来ました。大変なことが起きたのです。

それは、みんなの大好きなアナグマさんが塞ぎ込んでいるということ。これまでそのようなことは一度もありませんでした。

コウモリの知らせを聞いて、モグラとリスとウサギは、アナグマさんのところへ向かいました。

ところが——

「ほっといてほしいんだ」

せっかく心配しているというのにアナグマさんは素っ気ない態度。それに腹を立てたリスとウサギは帰ってしまいました。残ったのはモグラだけ……。

「ぼくは、つかれてしまったんだ。つかれて、なにもかも、うんざりなんだよ」

アナグマさんは溜め息をついてそう言いますが、モグラは真剣に耳を傾けました。そして、アナグマさんのそばにいることにしました。

一方、森の動物達は大騒ぎ。みんな、アナグマさんの助けが必要なのです。そこで、森の動物達はアナグマさんのところへ向かうのですが……。

「帰ってもらってくれ」

せっかくの気遣いも役に立ちません。アナグマさんは誰にも会いたくなかったのです。モグラは森の動物達に事情を説明し、帰ってもらうことにしました。

「アナグマさんは、つかれてうんざりっていってたっけ」

アナグマさんが眠り込んだ後、モグラは何かを思いつくと紙と鉛筆を取り出し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

モグラは何を思いついたんだろう?

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!
アナグマさんは頼られるばかりの日々にウンザリしてたんだよね。その原因が何かをモグラは察したんじゃないかな。

アイコン画像

うんうん。
頼られることは素晴らしいことだけど、頼られてばかりだとね。もしかしたら、みんなの感謝の気持ちが薄れていたのかも。

出版社からの内容紹介

みんなの大すきなアナグマが、くらいかおでふさぎこんでるって!「つかれて、なにもかも、うんざり」だって! みんなの心配もやくにたちません。そこでモグラはあることをー? ひとはときどき知りたくなるんだ。どんなに愛されているかを、どんなに必要とされているかをね…。

出版社「評論社」より