絵本

くれよんのくろくん

この絵本の内容紹介あらすじ

新品のクレヨン達は誰にも使ってもらえず、退屈な日々を過ごしていました。

「ずうっと、しんぴんの ままなんて もういやだよ」

ある日、黄色のクレヨンはそう言って、箱を飛び出しました。そして、机の上をトットコトットコ走っていき……、大きな白画用紙を見つけるのでした。

みんなで一緒にお絵描き

黄色のクレヨンは、さっそく白画用紙に蝶々を描いてみました。そして、その描き心地の良さに大喜びしました。

「そうだ。ちょうには、おはなが ひつようだね」

そう言って、今度は赤とピンクのクレヨンも呼んできました。大きな白画用紙を前に、その二つのクレヨンは大喜び。さっそく、チューリップやコスモスを描きました。

「そうだわ。おはなには、はっぱが ひつようよ」

ピンクのクレヨンはそう言うと、今度は緑と黄緑のクレヨンを呼んできました。大きな白画用紙を前に、その二つのクレヨンも大喜び。コスモスの葉っぱやチューリップの葉っぱを描きました。

「そうだ、おはなには じめんも ひつようだよ」

「ついでに きも うえましょうよ」

クレヨン達は大盛り上がりで仲間達を次々と呼びました。茶色や黄土色のクレヨン、さらには青と水色のクレヨンもやってくると、あっという間に白画用紙は賑やかな絵で溢れました。こうしてクレヨン達の初めての絵が完成したのです。

黒のクレヨンは仲間外れ!?

「ねえ、ぼくは? ぼくは、どこを かけばいいの?」

最後に黒のクレヨンがやってきて、他のクレヨン達に尋ねました。けれども、どのクレヨン達も苦い表情を浮かべました。

「くろくんは、まにあってるよ」

「きれいに かいたえを くろくされたら、たまらないよ……」

黒のクレヨンは仲間外れにされてしまい、すっかり落ち込んでしまいました。それでも、他のクレヨン達はお構いなし。画用紙の白いところがなくなるほど、勝手気ままに色を加えていきました。

ところが——、クレヨン達は突然と口喧嘩を始めました。色の上に色が重なり、画用紙が目も当てられないほど汚れてしまったからです。

そんなとき、シャープペンのお兄さんがやってきて、黒のクレヨンに内緒話であっと驚く提案をするのでした。

その提案を受けた黒のクレヨンは、画用紙を端から端まで真っ黒に塗り潰し……。


ピクトブック編集部の絵本談議

アイコン画像

黒のクレヨンは何を始めたんだろう? 続きが気になるね!

アイコン画像

それは読んでからのお楽しみ!
でも少しだけ話すと、黒のクレヨンが意外な活躍を見せるんだよね!
しかも、シャープペンのお兄さんも協力して!

アイコン画像

うんうん。
黒のクレヨンのサプライズは、驚きと勇気を与えてくれるのかもね♪

熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありませんが、今からでも遅くありません。むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。

出版社からの内容紹介

クレヨン達は、真っ白な画用紙を見つけて大喜び!チョウ、お花、木…。みんな、つぎつぎと描いています。ところがくろくんだけは仲間に入れてもらえません。でも…。記念すべきシリーズ第1作!

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。