この絵本の内容紹介あらすじ

大きくなるということは、今まで着ていた洋服が小さくなるということ。

大きくなるということは、新しい歯が生えてくるということ。

大きくなるということは、水に顔を長く浸けられるようになるということ。

泣くのを我慢できるようになったり。前より高い所に登れるようになったり。高い所から飛び降りられるようになったり。こういったことも大きくなったということです。

高い所から飛び降りられるというだけでなく、飛び降りても大丈夫かどうか考えられるようになることも大きくなった証拠。新しいことが出来るようになったり、駄目なことをしないようになったりすることも大きくなった証拠なのです。


「大きくなる」というのは、体の成長もそうですが、心の成長でもあります。体の変化や年齢を重ねることでもあり、能力の変化や心境の変化もそうなのです。

目に見えること。目に見えないこと。数えられること。数えられないこと。様々な視点から「大きくなる」ということを描きます。