この絵本の内容紹介あらすじ

風の時代に、大人たちの"こころのとり"を自由にする。発達障害の子どもたちが教えてくれること。

やりたくないことでも努力してやったり、みんなと同じように生きようとしてきた大人たちの、「こころのとり」を自由にする。

そのために発達障害の子どもたちはやってきたのです。

発達障害の子どもから得た気づきに、パワフルな絵画を添えてメッセージ絵本にしました。

心のままに個性的に生きる子どもが、あなたのところにきてくれたなら、「こころのとり」を自由にするときがきたということかもしれません。

思うようにならない子育てに直面しているママに、手に取ってほしい1冊です。

英語版の『Bird of the Heart』も同時に刊行されています。

「発達障害の子どもたちは、私たちが見失ってきた純粋さを持ち続けています。自分の心に偽りなくまっすぐに生きています。『人と違っていいんだよ。本当の自分を生きていいんだよ』というメッセージとともに。」(著者より)

絵本「こころのとり〜Bird of the Heart」の一コマ

絵本「こころのとり〜Bird of the Heart」の一コマ2

絵本「こころのとり〜Bird of the Heart」の一コマ3

絵本「こころのとり〜Bird of the Heart」の一コマ4

出版社「みらいパブリッシング」より