条件検索

リアルタイムで更新!ベストセラー絵本を見る

人気の絵本シリーズ

絵本

せんせいって

絵本「せんせいって」の表紙

この絵本について

先生って、どうして先生になったの? そんな子ども達からの疑問に、先生が動物に変身してコミカルに回答! 学校の先生の苦労や魅力を当事者の視点から描いた絵本。

まつした じゅんじ
夏 きこ
出版社みらいパブリッシング
出版日2021.09.17
ページ数32ページ
対象年齢5歳 / 6歳 / 7歳以上 / 大人
ジャンル仕事
ISBN978-4-43429427-3

この絵本の内容紹介あらすじ

朝、先生が教室に入ると……

「せんせい おそいよー」
「“おはよう”じゃなくて、“おそよう”だー!」
「せんせいが ちこくしたら だめじゃん」

実際は『朝の会』の20分前。
子ども達が来るのが早いだけなんだけれど……。
本当はもっと早く来たかったけれども家の用事があって……。


「ごちそうさまー」

先生は給食を食べるのがとても早いです。
その理由は給食が美味しいから……というのは建前で、本当はテストや宿題の採点をしなければいけないから……。

先生も子ども達と一緒にゆっくりお喋りしながら食べたいのです。そして、それが出来ないことを申し訳なくも思っています。


放課後も忙しく働く先生。授業が終わってもすべきことが沢山あるのです。

でも……

「おかあさんが せんせいって たくさん やすみが あって いいなーって いってたよ」
「なつやすみも ふゆやすみも あって いいなーって いってたー」
「パパなんか、せんせいは なまけものだーって いってたよ」

本当は夏休みも冬休みも春休みも土日も仕事をしているのだけれど……。
成績をつけたり、授業の準備をしているのだけれど……。


先生って忙しくて辛い仕事!?

『周りから見える先生の印象』と『実際の先生の現状』は大きく違うことがあります。

本当は多忙だったり、それなのに怠け者に見られたり……。

それでも先生を続けられる理由とは……。


この絵本の著者は小学校の先生。当事者だからこそ伝えられる苦労も魅力も描かれています。

身近なようで意外と知らない『先生』の等身大の姿を発見したり、共感したりできるはずです。

チーターのように急いで駆け込んだり、リスのように慌てて給食を頬張ったり、ライオンのように大きな声で怒ったりとコミカルに表現された先生の日常の一場面一場面ですが、読み進むにつれて『先生もみんなと同じ人間なんだ』と改めて感じられるのではないでしょうか。


作者:まつした じゅんじさんが、この絵本に込めた想い

アイコン画像
まつした さん

絵本の内容は、もっと子どもとゆっくり向き合いたい先生と、もっと先生といっしょに遊びたい子どもたちとの、少し悲しくて心あたたまるお話です。

学校の先生はブラックな職業だと、最近とても言われています。確かに、しんどいことはあります。
でも、しんどいことがあるのは、他のお仕事も同じだと思います。やりがいもたくさんあるのに、しんどさばかりが注目されるのが悔しくて・・・。

学校で働くことのしんどさだけでなく魅力を、子どもを含め多くの方に伝えたくて、絵本の形を選びました。

子どもにとって身近な職業である学校の先生のことを、絵本を通して伝えていきたいです。

そして、様々な業種で働かれている方の活力に少しでもなれば嬉しいです。

出版社からの内容紹介あらすじ

「せんせいって どんなおしごと?」
せんせいのことを知れば、学校がもっと好きになる!

「ねえねえ、せんせいって どうして せんせいに なったの?」
「わかった! きゅうしょくが たべられるからでしょ?」
「べんきょうが すきだから?」

そんな生徒からの疑問に、せんせいが動物に変身しながらコミカルに回答!

生徒にとっても親にとっても、身近な存在の「学校のせんせい」。
でも、いつもどんなお仕事をしているのかよくわからない……?
いつもどんなことを考えているの……?

そんな疑問に対しての先生の本音が聞けちゃう絵本。
身近にいるけど、よく知らなかった「せんせい」のことを知れば、学校に行くのがもっと楽しくなっちゃうかも!

編集者からのコメント

現役の小学校教論と、ママさんイラストレーターがつくった、「先生」の気持ちが分かる絵本。
先生という仕事の大変さややりがいを、当事者である先生から学ぶことができます。
「先生の仕事は『ブラック一色』じゃない……」「もっと子どもたちと向き合いたい……」
そんな思いを抱く先生たちにもエールを送る気持ちで作り上げました。
先生のことをもっと知りたいお子さんはもちろん、仕事に悩む現役の先生や、保護者の方にもぜひ読んでほしい一冊。
美しく迫力満点の水彩画で、子どもも大人も楽しめます。
持ち運びにも便利な、A5判の「おでかけBOOKシリーズ」です。

出版社「みらいパブリッシング」より
絵本「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」の表紙

小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。

原田 剛ワイヤーオレンジ(インプレス)
対象年齢:7歳以上 〜 大人
絵本「希望の牧場」の表紙

希望の牧場

森 絵都岩崎書店
対象年齢:3歳 〜 5歳以上
絵本「ええことするのは、ええもんや!」の表紙

ええことするのは、ええもんや!

くすのき しげのりえほんの杜
対象年齢:5歳 〜 7歳以上
絵本「パパはわるものチャンピオン」の表紙

パパはわるものチャンピオン

板橋 雅弘岩崎書店
対象年齢:3歳 〜 6歳以上
絵本「いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日」の表紙

いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日

坂本 義喜講談社
対象年齢:3歳 〜 大人
絵本「いちばんでんしゃの うんてんし」の表紙

いちばんでんしゃの うんてんし

たけむら せんじ福音館書店
対象年齢:4歳 〜 7歳以上
絵本「みんなをのせて バスのうんてんしさん」の表紙

みんなをのせて バスのうんてんしさん

山本 省三講談社
対象年齢:3歳 〜 5歳以上
絵本「からすのやおやさん」の表紙

からすのやおやさん

かこ さとし偕成社
対象年齢:4歳 〜 6歳以上
絵本「ぼくのママはうんてんし」の表紙

ぼくのママはうんてんし

おおとも やすお福音館書店
対象年齢:4歳 〜 7歳以上
絵本「どんぐりむらのおまわりさん」の表紙

どんぐりむらのおまわりさん

なかや みわ学研
対象年齢:3歳 〜 5歳以上
絵本「いちばんでんしゃのしゃしょうさん」の表紙

いちばんでんしゃのしゃしょうさん

たけむら せんじ福音館書店
対象年齢:4歳 〜 6歳以上
絵本「パパのしごとはわるものです」の表紙

パパのしごとはわるものです

板橋 雅弘岩崎書店
対象年齢:3歳 〜 6歳以上