絵本

えくぼのかよちゃん

出版社からの内容紹介あらすじ

どん どん どん! といつもまっすぐ歩いていきなさい。
戦争でひとりぼっちになったかよちゃんを支えたのは、親・友・下町がそそいでくれた愛情でした。

つり竿の名匠・竿忠に生まれたかよちゃん。おこづかい持ってお兄ちゃんと駄菓子屋行って、怖いお便所に行く時は優しい母ちゃんがいて、紙芝居見て笑って。そんなささやかでも幸せな日常を戦争は一瞬で奪っていきます。

戦後75年目の2020年に海老名香葉子さんが贈る、50万部超のベストセラー『うしろの正面だあれ』の絵本版ともいえる心温まる物語。
戦争のないくらし、平和な今日を守るために、なぜ「戦争」が始まるのか、家族・親子で考えてみませんか?

2020年3月5日放送の「徹子の部屋」で紹介されました。

【著者:海老名香葉子さんの言葉】
戦争ほど悲しいものはありません。幸せな家族を死なせ、幸せに育った子をひとりぼっちにしました。言葉にならない、文章では表せない苦しみを味わいました。
決して、わたしのような子を作らない、戦争のないくらしをつづけていけるように、平和な今日を守りつづけましょう。
まっすぐに歩いた子は強く生きていけます。ひとえに親の情、友情、下町の情のおかげと思えてなりません。
わたしと同じく素人の亡き夫の弟子が絵をかきました。平和への祈りとともに、下町のよさを残したいと思ってかいた絵本でもあります。

絵本「えくぼのかよちゃん」の一コマ

絵本「えくぼのかよちゃん」の一コマ2

絵本「えくぼのかよちゃん」の一コマ3

絵本「えくぼのかよちゃん」の一コマ4

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。