出版社からの内容紹介あらすじ

大人も子どもも“名作を読もう” 安房直子+いもとようこ
長い長い間、一羽もすがたを見せなかった たんちょうづるが群れをなしてきた――。はたして、そのわけは……。

白い着物に真っ赤な花を髪に飾った女が、模様のない青い皿を結婚祝いの品といって長吉の家に置いていく。ちょっとふしぎで怖いお話。

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。