出版社からの内容紹介あらすじ

「安房直子+いもとようこ」 大人も子どもも“名作を読もう”
いもとようこが安房直子作品の中で最初に出会い、心うばわれた『さんしょっ子』
さんしょっ子のせつなく、哀しい“想い”がふたたび絵本でよみがえります

すずなの家の畑に立つ山椒の精さんしょっ子。すずなのお手玉をくすね声をまねて歌も覚える。時は経ち大人になったすずなの嫁入りを見送る三太郎に思いを寄せるさんしょっ子だったが、その声を三太郎はすずなと思い込む。
痛いほどの切なさが胸を打つ美しい一冊です。

絵本「さんしょっ子」の一コマ

絵本「さんしょっ子」の一コマ2

絵本「さんしょっ子」の一コマ3

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。