出版社からの内容紹介あらすじ

大人も子どもも“名作を読もう” 安房直子+いもとようこ
不思議な風の子と、目の見えない女の子をつなぐのは、本当の空からもらった青、真っ赤な紅ばらからもらった赤、海の歌……。あざやかな色と音が奏でる美しい物語。

目の見えない娘にひとつ色を教えられるなら空の色を教えたい、そう思ったいす作りの父が青い絵の具を探していると、空の絵を描いている不思議な男の子に出会う。男の子は空にかかった虹から青い絵の具を取っていく。

絵本「空色のゆりいす」の一コマ

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。