出版社からの内容紹介あらすじ

大人も子どもも“名作を読もう”
安房直子+いもとようこ
もぐらは長い長い年月をかけ、深い深い井戸を、いったいなんのためにほったのでしょうか……

お金を拾ったモグラのモグ吉はわずかな土地を買い、年月をかけて井戸を掘る。おいしい水が評判を呼び、儲けた穴の開いた銀貨を束ね首飾りにする。ある日、モグ吉の所へ水がほしいと一匹の子ねずみが訪ねてきた。

絵本「もぐらのほったふかい井戸」の一コマ

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。