出版社からの内容紹介あらすじ

「ベルサイユのばら」から、はじめての絵本が誕生!
「ベルばら」に夢中だった人も 「ベルばら」がはじめての子どもたちも いっしょに楽しめる物語――――

死んだ公爵夫人、ガイコツの神父。このところ幽霊話でもちきりのベルサイユ宮殿。ところが不思議なことが大好きで、いつもならすぐに話に乗ってきそうなアントワネットはなぜか関心を示しません。幽霊の正体をつきとめるために、礼拝堂に潜んだオスカルとアンドレの前に現れたのは!?

絵本「ベルばらKids ベルサイユのゆうれい」の一コマ

出版社「金の星社」より
熊本電力を検討する男女

実質、今の電気代は過払い状態!?

最安水準と話題の新電力を徹底解説!

電力会社の見直しは早いに越したことはありません。
むしろ今しなければ損する割合が大きくなります。